常にだるい

一定期間更新がないため広告を表示しています

休みの日(大学の長期休みってかなり長期だと思う)はろくな時間に起きない自分ですが、朝11時半という微妙な時間に起き出しました
最初9時前に目が覚めた記憶はあるのに、気づいたら11時半というマジック
(二度寝しただけだと思う^^
テレビを見たり、朝昼兼用のごはんを食べたり、ぼんやりしてた1時すぎ、インターホンが鳴りました
心当たりがあるようなないような、でもなあ、面倒くさい勧誘みたいのだと困るしなあと無視
大概インターホンは2,3回くらい鳴らしそうなものなのに、1回しか鳴りませんでした
根性ねえな!と思いながらぼんやり
今度友達と日帰り旅行に行くのですが、そのためのバス予約を頼まれてて、バス代振り込みに行かないとなあと思い出し、買い物にも行かないとなあと思ってもそもそ動きました


バス代は友達分のも立て替えていて割と高額なので、お金を下ろしに近くの銀行まで
昨日預金したばかりなのにと複雑な気分でお金を下ろし、その銀行のすぐ反対側のショッピングセンターのATMコーナーでゆうちょさんに直行
このあまりの近さに少し気分が盛り下がったのだけど笑、ATMコーナーにある他の銀行とか信金で下ろして横滑り的にゆうちょに入るのも、それはそれで複雑な気分だと思った
ネット予約なので、必要な番号とか載ったページを写メして、携帯片手に入力
振り込め詐欺は携帯で通話しながらがだめなんだよね、だからこれはいいんだよねと思いながら入力^^
自分は現金振り込みしたいのに、なぜか口座からの振り込みしか選択がなく、カードか通帳を入れろという指示
ええと思って、取消
「最初からやり直してください」
ええええええ…
そしていつの間にか警察の方が2人くらい後ろに
やっぱり携帯持ちながらの操作がまずかったんだろうかとあたふた
人も並んでいたのでしょぼんとしながら諦めました
次に並んでた人には「どうぞ、気になさらずに」と警察の方が言っていた
確かに詐欺防止は大事だ、しかし並みならぬ圧迫感^▽^
一旦諦めて買い物に行って、家帰って操作方法確認してこようと思いました


家に帰ってポスト見たら郵便屋さんからの不在伝票
結局1時過ぎのインターホンは郵便屋さんからだったよ!
送り主を見てああ、ああと思いながら、再度配達をしてもらおうと電話で自動受付してた
電話番号って固定電話ないから携帯番号入れるしかないのに、読み取ってくれないんだよねえ、システム改善しないかなあ
もう夕方近くなので夜間の19時から21時ごろに指定しました
そして再度ゆうちょに立ち向かう自分^^


やたらめったら長い前の人が終わって、自分の番
現金振り込みできなくても別の手があるんだからね!
ゆうちょのカード持ってるので、口座振り込みすればいい^▽^
自分名義なんですけど、これは親が家賃とか光熱費の引き落としに使っているので、できたら使いたくないけどしょうがない
やっぱり現金振り込みできないし笑
無事振り込んだあと、明細票見たら、口座のお金がマイナスだった\(^o^)/
あとでその口座にお金振り込むつもりだけど、後ろに人がいて続けて振り込む勇気なく笑、とりあえずその場を後にしました
ちょろっとショッピングセンター内を回ってまたゆうちょに向かってみる
久しぶりに使って暗証番号間違えたけど、まあ無事に振り込んで明細票を見た
マイナス回避!


帰ってきて晩ごはんの支度を始める、おかず3品作ったよ…、そんなこと普段全くないよ…笑
次の日バイトが夜のシフトで、帰ってくると10時近くて何も作る気が湧かないので、おかずとごはんを残しておく
食べてからしばらく経って、そろそろ郵便屋さんが来るころじゃないかと構えていたら、お腹が痛くなりました^^
さ、さっき食べたものが当たったのか…?ありうるけど笑
まさか、トイレにいる数分のうちにインターホンが鳴るわけがないだろう


JUGEMテーマ:日記・一般
続きを読む >>
去年の話になりますが、法事の関係で、仕出し弁当を食べました。
その一昨年にもあった法事で食べたお弁当と同じところのもので、大きくて食べきるには大変なくらいのサイズでした。
ふたを開けると、記憶する限り入っている料理は同じでした。


すると前年のことがよみがえってきました…












続きを読む >>
自作のテンプレート一覧
今日2つに増えました笑
はじめに作ったやつは色々な人に使ってもらったりしてるみたいで嬉しいです
まあ、お気に召したら適当に使ってやってください

>>flat http://amk.jugem.jp/?tid=2
>>p:cc http://amk.jugem.jp/?tid=4


ついでに言うと、受験が終わって、大学も無事に決まりました
ひとり暮らし で き ない よ 笑
ブログは今まで通りのペースとテンションでお送りします

迫った状況で世界史の暗記法をいくつか
誰かの暗記の足しになればいい^^


JUGEMテーマ:受験生


続きを読む >>
田舎の受験生なので、夏休みの8月初旬は大阪の方へ友人と勉強しに塾へ行っていました。
2ターム分授業を取っていたのですが、お昼にあたるタームは取らなかったので、昼食分に加えて2時間くらい時間が空いていました。
手軽にファーストフードで昼食を取った後も1時間半程は暇な時間。
そんな時は百貨店の本屋さんで時間をつぶしていました。


そして水曜日にはCDが発売で、スピッツなのですけど(大好き)
発売当日には本屋さんの隣のCDショップに行きました。
初めて入る所だったので、しょぼしょぼ探し出してみると、
DVDに行き着いたりして、まさか無いのだろうかとおどおどしながら、
やっと見つけて手に取りました。
青い色の薄い作りのCD(無駄な物がないように思う
消費税込みで1000円、先に財布を確認して、レジに向かいました。
レジの店員さんに渡して自分は会計の準備をしていると、
レジがなかなか読み込まないらしく、店員さんは四苦八苦していらっしゃった。
まあ時間もあるわけだし、とぼんやり辺りを見回していると、手元のところにポイントカードの案内がありました。


1000円で1ポイント、このCD買ったら1ポイント押してくれるかなあと思っていました。
そしてやっとレジが読み込んで、表示されたのは、999円。
え?笑
店員さんも言うには、999円。
少し不思議な気分で1000円払いました。
ということは、1000円で1ポイントなわけだから、999円では押してくれないのかとしょぼんと思っていたところ、


「ポイントカードお作りしますか?」
え?999円だけどいいの?笑
そんなことを思いながら「お願いします」と答えました。
丁寧にCDもカバーケースに入れてもらったりして、
999円でポイント貰っていいのかなあと店員さんがポイントの印を押すのを見ていました。


おつりも1円貰って、お店から出た後ポイントカードを見たのです。
チェーン店の記載を見て、
(地元にこのお店無い)orz笑
大阪、その近隣府県にはあるのですが、ちょっと離れた地元にはお店が無く、
しかも期限が1年間だったりして、元々CDやDVDというのはあまり買わないし。
多分このポイントカードに2つ目以降の印が押されることはほぼ無いでしょう。(´∀`)
そうして財布に期限切れのカードが溜まるのです。


10月にはアルバム出ますよね、今からでも楽しみにしてます。
音楽はスピッツしか聴いてないです、うん。


予備校での模試の話。
塾生は強制的に受けろと言われていたのでしぶしぶ予備校に来た日曜の朝。


会場である塾内で一番大きいであろう教室に入ると所狭しと机が並べられていました。
机間の距離も極端に狭い、なんだか嫌だなあと思いつつ、席の確認をしようと、辺りを見ましたが、なかなか見つからない。
裸眼視力がよくないので、机の上の数字が見づらいのです。
泣きたくなる気分で席を見つけました、後ろのドアに程近い席でした。
一安心して座っていると次から次へと受験者が入ってきました、比較的人の少ないうちに見つけられて良かったなあと。


前のドアから入ってくる人たちをなんとなく見ていると、見覚えのある顔があるではないですか。ひいっと顔を引きつらせて咄嗟に俯きました。
同じ学校の同じコースの(うちの学校にはいくつかコースがある)よく知る男子5,6人。
きっと学校のほうで申し込んだんだろうなあと思います、自主的に受けるなんて殊勝なことだとぼんやり思っていると、彼らはわたしと丁度対角線側の席に座りました。
この距離なら見つかりはしない。
席もほぼ埋まり、彼らの顔も見えない、ほっと一安心。


1時間目の科目が終わって、対角線側を見ると、皆で談笑している様子。
人も多いし大丈夫だろうと安心しきって、ふと真近くの後ろのドアを見ると、
見覚えのある制服の子が立っているではないですか。
それは同じコースのよく知る女の子、丁度その時は、同じクラスのわたしの席の前の子でした。
男子だけだと思っていただけに、静かに目が見開く。(驚いた・!
反射的に顔をそらしました、多分気づかれてはいないはず。


動揺を引きずったまま2時間目、その時間の終わり際に受験番号を間違えていたことに気づきました。
危なかったなあといそいそ直しました。
そして、その後に受験票記入。
前では、1,2時間目のテストで記入漏れがあった人を呼び出していました。
2時間目にミスに気づいて直したものの、もしかしたら1時間目の方も間違えていたのではないかという不安がよぎる。
前では名前が呼ばれる、もし呼ばれたらばれるに違いない、心臓の止まるような思いの受験票記入でした。
呼ばれませんでした。(´∀`;)−3


そして、お昼。
対角線側の男子たちは早々と教室から出て行きました。
わたしは一人で菓子パンなどを食べ終え、暇をもてあまし、気をつけるべき男子もいないので安心しきっていました。


以下続く笑
続きを読む >>
夏のお昼時の話。
リビングにはパソコンをするわたしと、昼のトーク番組を見る父が居ました。
その番組はちょうど、怖い話の最中。


その話も盛り上がってきた頃、突然どこかからブーブーというバイブレーション音が鳴り出しました。
わたしは誰かの携帯のバイブだろうと特に気に留めていなかったのですが、
父はテレビで怖い話を聞いていた分、少しびっくりしたようでした。
しばらくしたら止むだろうと互いに思っていましたが、なかなか鳴り止まない。




父はとうとう気になったのか、音源を捜し始めました。
まず父は自分の携帯を調べました。
わたしが思う音源の方向と父の携帯が置いてあった位置はほぼ同じだったので、わたしは父の携帯が原因だろうと思っていました。

が、どうやら父の携帯ではなかったようです。
次に弟の携帯を父は調べました。
ソファに放ったらかしになっていた弟の携帯でもありませんでした。


すると父はわたしの携帯ではないのかと訊いてきました。
リビングに無いわたしの携帯ではないだろうと、しぶしぶ携帯を見に行きました。
案の定わたしの携帯でもありませんでした。
母の携帯かと捜してみましたが、それもどうやら違う様子。


じゃあ、誰の携帯のバイブなのだ、そもそも携帯のバイブなのか。
怖い話の後にこんな不思議なミステリー。
音源を捜す間にもバイブ音は鳴り止んだり、そう思ったらまた鳴り始めたり。
父がとても気味悪がっている中、わたしは一つ思い当たる節がありました。




わたしはパソコンを止め、2階の自分の部屋に行きました。
思ったとおりでした。
私の古い携帯が床の上で、バイブで鳴っていました。
私の部屋はちょうどリビングの真上。
バイブの音源方向も携帯が落ちていた位置も一致。
きっとバイブが床を伝って下の階まで聞こえていたのでしょう。
原因はわたしでした!笑


わたしは覚えていました、朝出かけ際に携帯をベッドから床に落としたのを。
急いでいるし、まあ床に落ちていたところでどうもないだろうとそのままにして出て行ってしまったのです。
以前に、昼に鳴るようにと目覚ましをセットしたっぱなしで、いつも昼にバイブが鳴っているのです。
普段であればベッドの上なので、下まで振動が伝わらないのですが、その日は床に落としてしまったがために…。笑


全ての経緯を知ってしまったわたしは、とっととバイブを止めリビングに戻ってパソコンを始めました。
面倒臭くて経緯を父に話しませんでした。
気味悪がったままの父が可笑しく見えました。
ある夜、10時ごろ、勉強をしようと机に向いました。
椅子に座ってノートも開いて準備ができた時分。
イヤホンを耳につけてすぐ、窓の外のベランダで虫が飛んでくる音がしました。
した途端、ぼとっという音が聞こえました。
お、落ちたな。笑


その様子が気になりましたが、ここは勉強をせねばと集中。
音楽を聴きながらしていたので、1曲終わって次曲までの静かな間に、外から音が聞こえることに気付きました。
始めのうちは無視をしていましたが、しばらくしてもその音がずっと聞こえてきました。
とうとう痺れを切らしてベランダの方を覗きました。




案の定、その音は先程落ちたらしい虫からでした。
虫が仰向けになってもがいている…。笑
ずっと聞こえていた音は、
虫がベランダの床と擦れてキュッキュしている音でした。(止まる気配なし


これを見た途端、ど、どうしようかと。笑
そしてしばらく見ていても、ずっともがいていて、キュッキュという音は止まりやしない。
するとやたらに、面白く見えてきまして。
大笑いしながらベランダに出て近づいてみました。
しかも、虫が大きい!なんだか、もう情けない!笑


しかし、我に返ると、勉強をしていたのにこれでは煩い。
とりあえず元に戻してやろうと、何か長い棒は無いかと部屋を見渡しました。
見当たらないのでハンガーで元の体勢に戻してやると、キュッキュいう音が止みました。
しかし、このままでは惜しい気がする。
またひっくり返してやれ。笑


また情けなく、キュッキュいわせながらその虫はもがいているのです。
(最後には戻してやったけど




あの虫のフォルムを最初に見たとき、カブトムシのメスかと思ったのですが、よくよく見ると違うなあと思って、大きいゴキブリかとその時は納得したのですが。
今思い返すと、ゴキブリにしても、肢体が長すぎるだろうと。
未知の虫だったなあと、あのキュッキュという音を思い出しております。
あの音は面白すぎた。
数週間前に携帯を替えました。
前に使っていた携帯が、通話をしようとすると、こちらの声を届けてくれない、らしかったです。
こちらは相手の声は聞こえるのに。
とうとう痺れを切らした両親が、替えに行こうとショップに行きました。


まず始めに応対してくれた女性の店員さんが、クッキーの匂いがしました。
クッキーでも食べてたのだろうか。笑
食べてたにしては匂いが強いなあと思い、そういう香水なのかしらとぼんやり話を聞いてました。
データを保存するのでパスワードを聞かれたのですが、全く合わず、まあデータも大して無いしと、保存しなかったらしいです。
(保存しないと決まった後にパスワードを思い出した


携帯を持っていかれて、次に応対してくれた女性は普通の香水の匂いがしました。
個人的にはあまり好きな匂いじゃなかったのですけど。(´∀`)
結局、携帯は壊れているそうなので、新しい携帯にしようということに。
今までと同じ機種にするのもできましたが、やっぱり新しいの欲しいし。
前にカタログを見て欲しいなあと目星をつけていた機種の在庫が無く、ショップにてまた新しく選びなおし。


もともと携帯はろくに使わない人間なので、それなりの機能があればやっていけるのですが、デザインが個人的趣味に合わず〜、で、ついに自棄で真っ赤な携帯にしました。
全く似合わない!笑
なんか色々な機能がついてるけど、9割がた使わない自信がある!


決めた後長い間待たされ、飽き飽きしていた頃に、やっと紙袋に入れて携帯を男性の店員さんが持ってきてくれました。
にわとりでした。
髪の毛を立たせている人は多いと思うのですが、それに加え、リーゼント。笑
こ、こんな人初めて見たよ…!
なんだか、可笑しさがあるにしても、ちょっと怖いなあと思っていたら、
腰は低かった。笑
携帯の説明をされていましたが、私はその頭が気になってそんな説明は上の空でした。


データ飛んでいるかもしれないという話でしたが、新しいほうにもちゃんとデータは入っていました。
前の携帯も持ち帰って、今も目覚まし機能を使ってます。
(もともと通話障害以外は何も異常はなかったし
あーやっぱり、新しい携帯は機能が凄くて使えないやあ。


それからすぐメルアドを替えて、変更の旨のメールを誰にも送ってない。(´∀`)
3週間後に赤外線通信でやっとメルアド変更が数人に伝わりました。笑
ある日の宵の口、予備校帰りの駅。
何か飲み物を買おうと自動販売機に寄りました。
大概、お茶に走るのですが、その時の気分は清涼飲料水。
何故か高めの清涼飲料水を買って、ペットボトルを出そうと出し口に手を入れました。


が、先にペットボトルが入っているではないですか。
某スポーツ飲料水の小さいサイズが見えました。
1本ならまだしも、
4 本 も 入 っ て る し … !!




これは悪質な嫌がらせだと思いました。
4本も入っている所為で、自分が買ったペットボトルが出ない・。orz
畜生と思いながら4本のペットボトルを除け、自分のを出しました。


なんて迷惑なんだと悪態をつきながらも4本のペットボトルが気になってしまい、その内の1本を手に取ってしまいました。
よく見ると栓が開いてないではないですか。
ということは中身入り。
咄嗟にペットボトルの底を覗いてしまいました。特に異常なし!笑


持って帰ってしまおうとかと思いましたが、
これはきっとドッキリに違いないと、きっとどこかにカメラがあるに違いないと思い元に戻しました。笑
はっ、っていうかペットボトルを出した時点でドッキリに引っかかってますね!orz(その確信は何処から
それに持って帰って飲んで、実害があると困るし、な。




ペットボトルを出し口に戻したわたしの後ろに立っていたおじさんは、きっとわたしがペットボトルを仕込んだのだと思ったことでしょう。笑
結局、あのペットボトルたちはなんだったのか、判りかねることであります。
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS